• HOME   お知らせ   2013年度   18・19世紀イギリス児童文学の原書≪2期≫展示中です! <千代田校本館>

18・19世紀イギリス児童文学の原書≪2期≫展示中です! <千代田校本館>

2013年7月15日【更新】

「イギリス児童文学 〜ファンタジーの始まり〜」

中野節子名誉教授の貴重な蔵書をお借りして、ファンタジー誕生前後の児童文学の原書を、千代田校本館
1階展示コーナーにて2期にわたり展示します。


〜〜〜〜〜〜 ※7月8日(月)から、2期の展示がスタートしました ※〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2期ではラスキンの「The king of the Golden River (黄金の川の王さま)」から
ユーイング夫人の「Old-fashioned fairy tales (古風な妖精物語)」まで、10点を展示しています。

少しだけご紹介
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


展示「イギリス児童文学」ポスターサムネイル

1期 「ファンタジーの生まれるまで」
 期間:2013年6月10日(月)〜7月6日(土)

 ※ 終了しました。展示の様子はこちら

2期 「芽吹きはじめたファンタジー」
 期間:2013年7月8日(月)〜7月31日(水)

 ※ 1期、2期で展示替えを行います

☆*:.。★*:.。☆*:.。★*:.。☆*:.。★*:.。

『不思議の国のアリス』に『ナルニア国物語』、『指輪物語』、
そして『ハリー・ポッター』。
これらの作品を生みだしたイギリスは児童文学の宝庫と
言われています。
そのイギリスでファンタジーはいつ生まれ、どのように発展
したのでしょう。また、それ以前の子どもたちはどのような
本を読んでいたのでしょうか。

イギリスで長い間読み継がれてきた作品の魅力を感じてください。


展示リストはこちら(PDF形式:約200KB

2期の展示の様子

  • 青いシールの番号が展示リストのNo.と対応しています。

19世紀後半、 ラスキンの「黄金の川の王さま」、キングズリーの「The water babies(水の子)」など、
それまでの教訓色を残しつつもかずかずの妖精物語が生まれ、のちのファンタジーの豊かな土壌を整えました。


これらの他、1期の作品も一部展示しています。見逃した方はぜひ2期と合わせてご覧ください!


ページの先頭に戻る

1期(6月10日〜7月6日)の展示の様子




← 入館ゲートを通り過ぎるとすぐに展示ケースがあります。





本学で所蔵している関連図書や、中野先生のご著書も展示しています →
(貸出できます)


  • 青いシールの番号が展示リストのNo.と対応しています。

1期の見どころはNo.1「女教師、または小さな少女のための学校」(1749年刊)。
最初の本格的創作児童文学と評価される作品です。

この他、日本ではあまり知られていない資料をたくさん展示しています。
これらは1期限定(7月6日まで)です。ぜひ図書館に足をお運びいただき、実物をご覧ください。
2期には展示の入れ替えをします。お見逃しなく!

ページの先頭に戻る