本の配架と探し方について

2018年4月2日

基本的な本の探し方を、千代田校図書館を例に説明していきます。

千代田校図書館フロアガイドサムネイル

千代田校図書館では、1階〜4階の開架スペースに本・雑誌が配架されています。
何階にどんな本があるかは、1階エレベーター横の「フロアガイド」(上図クリックで拡大)もしくは
各階OPACに備えつけてある「かんたんOPAC(図書)検索結果の見方」でご確認ください。
 

<例:「ごもくめし」(大妻コタカ 著 289.1/O89-2/F)を探す場合>

【1.OPACで検索する】
 

OPAC検索結果例 詳細画面サムネイル

← OPAC検索結果例 詳細画面(クリックで拡大表示)

配架場所が千代田校図書館の開架であることを確認したら、請求記号(289.1/O89-2/F)をメモします。
この請求記号が、本の背に貼ってあるラベルです。

 ※「開架」以外の本をお探しの場合は職員にお尋ね
   ください。




 


【2.配架されている階と書棚を確認する】
 

書架案内表示サムネイル

← 書棚横の案内表示例(クリックで拡大表示)

請求記号の、スラッシュ(/)で区切られた一番左の数字(289.1)[=分類番号]と書棚横の案内表示を照らし合わせて探してください。







 


千代田校図書館では、
913.6(近代小説)と000〜299までが2階、
300〜913までが3階、
914〜999までが4階
に配架されています。


←階段をあがったところにある案内板も
 参考にしてください。
この本の場合、289.1は2階の書棚にあります。




 
 ※ 岩波新書は4階奥にあります。
 ※ 4階西側の文庫・新書コーナーには、岩波新書以外の文庫・新書でのみ出版されている学習・研究用図書、
  一般教養用図書を配架しています。


【3.書棚で本を探す】
 

書架配架例サムネイル

← 実際の配架の様子(クリックで拡大表示)

書棚横の案内表示で配架されている列を見つけたら、本の背のラベルと請求記号を照らし合わせます。
 1.分類番号(289.1)
 2.二番目の最初についているアルファベット(O (オー)
 3.アルファベットの次の数字(89-2)

の順番に探します。







 
上記は千代田校図書館での本の探し方の例ですが、多摩校図書館でも基本的に手順は同じです。

見つからない場合はお気軽にお近くの職員までお尋ねください。


ページの先頭に戻る